義歯・インプラント

もっとも身近な義歯(入れ歯)治療

当院では、患者様一人ひとりに快適な生活を送っていただくために、義歯治療のメリットやデメリットだけでなく、バネのかかる位置や前歯の審美性などについてもご説明します。また、義歯の種類は実にさまざま。保険診療の義歯と自費診療の義歯の違いなども細かくご説明した上で、患者様一人ひとりに合った入れ歯を作製します。

義歯の治療例

金属床

金属床
上顎に当たる部分(床)が、金属でできている義歯を使った治療方法です。強度があるため床部分を薄くつくることができ、熱伝導率の高さから食べ物の熱が伝わりおいしく食べることができます。また、装着時の違和感が少ないとされています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
バネのない義歯を使った治療方法です。薄くて軽い素材でできていますので、装着時の違和感があまりありません。また、見た目も自然です。金属を使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。

患者様に合ったインプラント治療

患者様に合ったインプラント治療

インプラント治療には、現在たくさんの治療方法や素材などがあります。当院では、その中で一つのものに固執せず、患者様一人ひとりのお悩みやご要望に合った治療を行っていくために、最善のものを選択するよう心がけています。具体的に当院では、ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム、ストローマン社のインプラントシステムを使用しています。

インプラント治療の流れ

1.歯の欠損がある状態です。

1.歯の欠損がある状態です。

2.顎の骨に人工歯根を埋め込む穴を開けます。

2.顎の骨に人工歯根を埋め込む穴を開けます。

3.顎の骨に人工歯根を埋め込みます。

3.顎の骨に人工歯根を埋め込みます。

4.人工歯根を埋め込みました。

4.人工歯根を埋め込みました。

5.セラミック製の人工歯を取り付けます。

5.セラミック製の人工歯を取り付けます。

6.インプラントが完了しました。

6.インプラントが完了しました。

ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社

ストローマン・ジャパン株式会社

ノーベルクリニシャンを採用

当院では安全なインプラント治療を行うために、ノーベルバイオケア社のインプラント治療シミュレーションソフト「ノーベルクリニシャン」を採用しています。 ?

ノーベルクリニシャンのメリット

痛みが少なく負担が軽い

歯ぐきを切開しないので、他のシミュレーションソフトを使った治療法と比べ痛みや歯ぐきの腫れが少なくてすみます。そのため、治療後はすぐに日常生活を送ることが可能です。通院回数が少ないのもノーベルクリニシャンの魅力です。

安全な治療法

ノーベルクリニシャンでは、インプラントの埋入位置や方向をガイドする樹脂製の型を作製します。この型によってインプラントを埋めこむ位置を正確に把握できるので、安全かつ正確に手術を行えます。

きれいな歯並びに仕上がる

CTデーターとコンピューターを使った3D画像で仕上がりイメージのシミュレーションを行います。人工歯の3D画像と骨の画像を同時に見ながら埋め込む位置を決定できるため、見た目も美しく仕上がります。審美性・機能性どちらも兼ねそなえた治療です。

短時間での治療

歯ぐきを切開せずに行うフラップレス術式を採用しております。手術時間は短く、1時間ほどで終了します。ガイドシステムを用いることで歯肉を切開せずに治療できる、侵襲性を最小限に抑えた方法です。

短期間での治療

事前に精度の高い仮歯を作成します。手術の日は、その日のうちに新しい歯を手に入れることができます。手術後すぐに今まで通りの生活を送れるのもメリットです。

ノーベルクリニシャンのメリット

ノーベルクリニシャンのメリット


?

ノーベルクリニシャンを使った治療の流れ

CTスキャンで撮影
手術前に、口腔内をCTスキャンで撮影。できあがった画像は、顎の骨の内部の状態まで詳細に確認できます。

arrow

ガイドシステムを作製
撮影した画像を3D画像に起こします。その3D画像を元にして、技工所でガイドシステム(樹脂製の型)を作製。このガイドシステムにはインプラントの埋入場所・角度などの情報が正確に記録されているので、手術もスムーズに行えます。

arrow

手術
ガイドシステムを歯肉に装着・固定し、歯肉の一部分に小さな穴をあける方法で手術をします。ほとんど歯肉を切らないため負担の少ない手術です。

arrow

術後
キズが最小限なので術後の回復が早く、すぐに日常生活に戻れます。